ロコミシン

娘の幼稚園入園までになんとかミシンと仲良くなりたい。ハンドメイド子供服(たまに大人服)の記録や次作りたいもののメモなど。enannaさん、佐藤かなさん、堀江直子さんの本が好きです。

娘2歳夏・村田繭子(a sunny spot)さんの、ひらひら袖のブラウス

f:id:coocoedit:20170803000139j:plain

何着分かまとめて裁断しておいた生地をちまちまと縫う月間。
前回と同じく村田繭子さんの本から、今回はひらひら袖のブラウスを縫いました。

 

Instagramでこの書名のタグを検索してみると、このブラウスの写真がうわーっと出てくるので、そこまで人気ならいっちょ縫ってみっか、と思ったのでした。単純。

 

 

 

ギャザーが寄るから多少縫い目ガタガタでも隠せるし、ひらひらでかわいいので人気の理由がわかった気がします。一度縫ったらもっと早くできそうだし、布を変えてまた作ってみたいなと思える服でした。
Instagramで見た、身頃と袖をレース生地にして、襟ぐりをリバティにする組み合わせが可愛いので次回はそれやってみたいな。

 

来年を見越して110サイズにしたら少し大きいようで、ちょっと今年は1枚で着られないかな。秋になってインナーを合わせたらちょうどよさそうなので楽しみ。

 

前回のパフ袖ブラウスも娘にすごく似合っていたし、この本当たりだ…!

 

絵本「わたしのワンピース」で、昼にミシンを動かせるようになった

f:id:coocoedit:20170803000211j:plain

ここからは少し蛇足なんですけど、出産祝いに友人からもらった「わたしのワンピース」という絵本が今活躍してくれてまして。

 

主人公のうさぎがミシンでワンピースをつくるシーンが冒頭にあって、「ミシン カタカタ」という文章が入っているので、娘はミシン=ワンピースをつくるもの、と理解したみたい。
 
「ママ、ミシンカタカタしていい?」と聞くと、「やんぴーす(ワンピース)つくるの?がんばってね」と言って、以前よりスムーズに日中にミシンを触らせてくれるようになりました。
ミシンしている間は隣で見ていたり、ひとりで遊んでいたり、絵本を読んだり。
 
実際に作る服がワンピースではなくても構わないらしい。
 
この服も工程の半分くらいは娘が起きている日中に進められたので、夜の時間を圧迫せず助かりました。夜は仕事もあるので…。
 
子どもがなかなかミシンさせてくれないママさんにちょっとお勧めです。