ロコミシン

娘の幼稚園入園までになんとかミシンと仲良くなりたい。ハンドメイド子供服(たまに大人服)の記録や次作りたいもののメモなど。enannaさん、佐藤かなさん、堀江直子さんの本が好きです。

佐藤かなさんのタックパンツ

f:id:coocoedit:20170312200030j:plain

柄物パンツにチャレンジ

以前白いパンツを作ったときの型紙、サイズがでかくてもう使わないけど捨てるのはもったいないな…ということで、タックパンツの型紙にリメイクした。
で、以前作りたいなと妄想していた柄物のハーフリネンをこの型紙で縫ったのでした。フルレングスで柄物だと着こなし難しそうだし、春に着るならくるぶしが出るくらいの丈がちょうどいいんじゃないかな。

 


生地はこれです。地がグレーだしそんなに派手すぎず浮かないのではと思っているけど

どうだろうか。


自分でも不思議なんだけど、マキシスカートは大胆な柄物でも気後れせず着られるのに、同じ丈でもパンツになったとたん「わ、わたしに柄物パンツなんて…っ!!」と緊張してしまうのは一体何なんだろう。謎。

 

今回の仕上がりはいかに

作り方はほぼ白いパンツと一緒で、今回はきちんと合印を入れたので(前回ベルトとウエストが合わなくなったのはは合印がいくつか抜けててたのが原因ぽい)本に書いてある通りの仕上がりになった。
あ、ベルトループは省略したけども。ベルトしないので。

試着してみたらほどよく足首が見えて、シルエットもすっきり見えるのでこれは重宝しそうな予感。次はこのサイズの白いパンツを、また白くない布で作りたいなあ。あとはワンピースとか。

その前に娘の春夏パンツをひとつ縫いたいのでそれはまたそのうち。